就活攻略

【保存版】早期選考・早期内定が出る企業・業種4選|内定直結インターン情報もあり

就活くん
厳しく辛い就職活動を、少しでも早く終わらせたい!
就活ちゃん
早い段階で内定をもらっておくことで、安心感を得たい!

こう考える就活生が狙うべきは、ずばり早期内定です。

早期内定を獲得したければ、早期内定が出やすい企業/業界に狙いを定め、対策を講じる必要があります。

そこで本記事では早期内定の出る時期や、獲得方法、早期内定を出す企業の探し方などを紹介していきます。

そもそも早期内定とは何か

早期内定とは、大学4年生(修士2年生)の6月より前に獲得する内定のことです。

現在、経団連が「企業は大学4年生の6月になってから選考面接を解禁せよ」という就活ルールを定めています。

しかし経団連に所属しない企業はこれに従う必要がないため、それより早く採用を行っているのです。

経団連に所属していない企業の多い外資系企業・ベンチャー企業・中小企業が早期選考を行う場合がほとんどです。

早期内定の目的

企業が早期内定を出す目的は、大手企業より先に優秀な人材を採用するためです。

経団連に従って、大学4年の6月から採用を行うと大手企業と人材の取り合いになり、なかなか優秀な人材が取れません。

また早期内定を目指す学生は他の学生よりも、やりたい仕事や働き方を明確にできている意識の高い学生も多いです。

編集部
優秀な人材が欲しい企業からすれば、早期内定はメリットが多いのです

何割の学生が早期内定をもらうのか

では、どのくらい早期選考に受かる学生がいるのでしょうか。

就職みらい研究所の調査によると、2021年卒〜2023年卒の就職内定率は下記のようになっています。

上記を見ると、2023年卒では就活解禁の6月以前の内定率は下記のようになっています。

2023卒の6月以前の内定率

2月1日時点:13.5%

3月1日時点:22.6%

4月1日時点:38.1%

5月1日時点:58.4%

2〜3月までは20%前後と少ないですが、4月で全体の約4割、5月で全体の約6割近くの学生が内定を獲得しています。

また2021年、2022年と年々早期化しているため、今後もさらに早期選考・早期内定の傾向が加速していくでしょう。

加速する早期選考に対応するために

悩みくん

年々、早まってる早期選考に対応しなきゃやばいけど、まだ対策できてない…

こう思った方は、Abuild就活の就活サポートセットを活用してみるのがおすすめです。

就活サポートセットは、たった7日間で就活対策の基礎となる自己分析・自己PR・企業分析のやり方を習得できます。

1分で終わるアンケートに答えると、LINEで就活サポートセットを無料でもらえるから、お気軽にお試し下さい!

企業の早期選考や早期内定の出る時期・スケジュール

続いて、早期選考と早期内定がおおよそいつなのかスケジュール感を見ていきましょう。

早期選考のスケジュール

早期選考のスケジュール

・大学3年8月よりサマーインターン参加者を対象に早期選考開始

・大学3年10月より外資系企業・ベンチャー企業・マスコミ業界など早期選考開始

早期選考は「サマーインターンへの参加」を条件としている場合も多いので、遅くとも大学3年の4月には対策を始める必要があるでしょう。

早期内定のスケジュール

早期内定のスケジュール

・外資系企業は大学3年の9〜10月くらいに出る

・広告代理店・ベンチャー・人材などは12〜5月くらいに出る

企業や業界によって早期内定のタイミングは異なるので、志望業界の内定時期がいつなのかは把握しておきましょう。

早期選考で早期内定を出す企業の探し方・獲得方法

続いて具体的な早期内定を獲得する方法を4つ紹介します。

内定直結型のインターンに参加

インターンでは優秀な成果を挙げて企業側に認められると、特別ルートの案内など選考で優遇される場合があります。

大手企業のインターンは内定に繋がりにくいですが、ベンチャー企業・中小企業・外資系企業はインターンが選考にかなり影響します。

中でも外資系企業は「インターン経由での採用しかしない」という企業もあるので、志望するならインターンは必須です。

ポイント

  • ベンチャー・中小・外資系企業はインターンで優秀と認められると早期内定につながる
  • 外資系企業はインターン経由でしか採用しないという企業もある
編集部
インターンシップに参加するためにも、ESや面接などの選考を突破する必要があります。ライバルたちも力を入れてきますので、負けないように対策しておくようにしましょう。

 

逆求人サイトを活用してスカウトを受ける

逆求人サイトとは自分のプロフィールを登録しておくと、それを読んだ企業側からスカウトが届くサービスのこと。

逆求人サイトを利用する企業は、「良い人材を確保したい」という意欲の高い企業ばかりで、うまく活用すれば早々にスカウトをもらい、早期内定に繋がりやすいです。

スカウトをもらうには、何よりも自分のプロフィールを充実させることが重要。

1回登録すれば複数の企業に見てもらえるものですので、面倒くさがらず、自分の魅力がしっかり伝わる内容を作り込むようにして下さい。

ポイント

  • 逆求人サイトでスカウトを受けると、早期内定に繋がる
  • 逆求人サイトでは、プロフィールがESの役割を果たす
  • プロフィールを充実させることが、スカウトを受ける鍵
編集部

企業側はプロフィールを見て「自社に合いそう」と感じる就活生にスカウトを出します。

自分に合った企業と繋がれる可能性が高いのも、逆求人サイトの大きなメリットの1つです。

小規模の合同説明会やイベントなど特別ルートを利用

通常、合同説明会や就活イベントが早期内定に直結することはありません。

しかし、選考直結型であることを謳う合同説明会や就活イベントもあり、それらに参加すると早期内定獲得の可能性が高まります。

当日の流れは様々ですが、

  1. 各企業の説明を聞いたり、グループワークを行ったりする
  2. マッチングした企業について、その場で選考が受けられたり、後日の選考で優遇を受けることができる

というケースが多いです。

通常の選考とは異なり、一度参加すると一気に複数の企業と繋がれる可能性がある点も大きなメリットと言えます。

ポイント

  • 一部の合同説明会やイベントも、早期内定に繋がる
  • 「選考直結型」であると謳っている説明会やイベントを探そう
  • 一回の参加で複数の企業と繋がれる可能性も
編集部

知名度が低いながらも大変ホワイトな「隠れ優良企業」も参加していることが多いです!

オンラインイベントもあるので、隙間時間に覗いてみて下さい。

OBOG訪問

社員の生の声を聞けるOBOG訪問もOBOGに評価されれば、優遇されることもあるので早期内定に繋がるケースがあります。

また、リクルーター制度を設けている企業の場合、OB訪問の結果によってリクルーターをつけてもらえることも。

リクルーター制度を詳しく

  • 面談で企業への適性が高いと判断されれば、早期選考・内定につながる
  • 面談は通常の面接よりフランクな雰囲気で行われることがほとんど
  • 面談はフランクでも質問内容は通常の面接と同様に行う
編集部

一般的にリクルーターやOBとのやりとりはメールや電話ですが

礼儀とマナーを意識しましょう。

早期選考・早期内定が出やすい大手企業・業界一覧

早期内定は全ての企業が出すわけではありません。

ここからはどんな企業が早期内定を出しやすいのか、内定の出る時期と合わせて紹介します。

外資系メーカー

外資系メーカーは知名度が高く、非常に人気の高い業界の1つ。

総合職として一括採用を行う日系メーカーと比較すると、営業・マーケティングなど希望職種ごとに採用を行うケースが多いのが特徴。

【早期内定時期】

大学3年の9月〜10月

【外資系メーカーの例】

  • P&G
  • 日本ロレアル
  • ユニリーバ
  • ネスレ日本
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン等

特別選考枠を作り、大学3年生の9月ころとかなり早い段階で内定を出す企業もあるようです。

ポイント

  • 外資系メーカーはかなり早い段階で内定が出ることも
  • 知名度も人気も高いため、倍率が高い
  • 特に「BtoC」の製品を扱う企業は身近なため、一層高倍率になりがち

外資系総合コンサル

特定の業界や分野に特化することなく、「あらゆる業界の企業を顧客とし、その全てを総合的にサポートする」というのが総合コンサルの仕事。

企業規模も大きく、戦略立案からオペレーション改善まで、とにかく広範囲な業務に携われる点が魅力です。

【早期内定時期】

大学3年の10月頃

外資系総合コンサルの例

  • デロイトトーマツコンサルティング
  • アクセンチュア
  • KPMGコンサルティング等

大学3年生の10月ころから内定が出始めます。

ポイント

  • 外資系総合コンサルは3年生の10月ころから内定が出始める
  • 大規模な企業で広範囲な業務に携わることができる
  • 多くの企業で選考に「ケース面接」が導入されている
編集部
外資系総合コンサルは難易度が高いですが、能力の高い周りの就活生から刺激を受ける良い機会にもなります!

外資系戦略コンサル

先にご紹介した総合コンサルと異なり、大企業の経営戦略・成長戦略の考案に特化しているのが特徴。

経営の中心に携われることから、将来起業するために目指す人も多い業界です。

【早期内定時期】

大学3年の9月頃〜

外資系戦略コンサルの例

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • ボストン・コンサルティング・グループ
  • ペイン・アンド・カンパニー

ポイント

  • 外資系戦略コンサルは3年生の9月ころから内定が出始める
  • 大企業の経営の中心に関わることができる
  • 「ケース面接」「ジョブ」など独自の選考への対策も必須
編集部

外資系戦略コンサルは、筆記試験の通過率が低いことでも有名。

東大生でも落ちると言われるほどですので念入りに対策しましょう。

外資系投資銀行

外資系投資銀行では、法人向けの資金調達やM&A(合併・買収)に関する業務などが行われています。

大きいお金が動く案件に携わることができ、やりがいがある反面、実力主義でハード。

「日本の証券会社のハード版」だと思っていただければ、イメージしやすいかもしれません。

【早期内定時期】

大学3年の9月〜

外資系投資銀行の例

  • ゴールドマン・サックス
  • モルガン・スタンレー
  • バンク・オブ・アメリカ等

ポイント

  • 外資系投資銀行も3年生の9月ころから内定が出始める
  • やりがいがある反面、実力主義でハードな職場
  • 選考において「ストレス耐性」が重視されることも
編集部
最終面接は1日に複数回、複数名の社員と面接をすることが多いです。

これは「スーパーデイ」と呼ばれ、疲れが見えるかなどストレス耐性まで見られています。

ミドルベンチャー

ミドルベンチャーとは、従業員数100~1000人程度の比較的大規模なベンチャー企業のことで、有名企業から急成長中の企業まで様々です。

若手の裁量権が大きいため、大企業ではできない貴重な経験ができるのが魅力。

【早期内定時期】

大学3年の12月〜

ミドルベンチャーの例

  • LINE
  • クックパッド
  • レバレジーズ
  • UZABASE等

ポイント

  • ミドルベンチャーは3年生の12月ころから内定が出始める
  • 若手の裁量権が大きい
  • 有名な企業から急成長中の企業まで様々
編集部

若いうちから即戦力として活躍できる企業ばかり。

成長志向が強い就活生の中には、ミドルベンチャーに就職する人も多くいます。

メガベンチャー

メガベンチャーとは、大企業と匹敵するほどの規模に成長したベンチャー企業のことですが、大企業とは下記の違いがあり人気があります。

メガベンチャーと大企業との違い

  • トップとの距離感が近い
  • 物事を決定するスピードが速い
  • 今の時代に合った独自のサービスを開発・展開している

大学3年生の3月ころから内定が出始めます。

ポイント

  • メガベンチャーは3年生の12月ころから内定が出始める
  • 大企業と匹敵するほどの企業規模
  • しかし、伝統的な大企業とは様々な面で違いがあり、就活生の人気も高い
編集部

メガベンチャーは年々志望者が増え、倍率が上がっています。

インターン経由の選考しか行わない企業もあり、インターンは必ず参加しましょう。

広告代理店

「広告を打ち出したい」というメディアの代わりに、広告を出してくれる企業を探すのが広告代理店です。

広告代理店は「広告を打ち出したい人と出してくれる人の架け橋」的な役割を果たします。

【内定時期】

大学4年の5月〜

広告代理店の例

  • 電通
  • 博報堂
  • アサツーディ・ケイ等

大学4年生の5月ころに内定が出始めます。

ポイント

  • 広告代理店は大学4年生の5月ころから内定が出始める
  • 広告を打ち出したい人と出してくれる人を繋ぐ企業
  • クリエイティブな仕事もあるので、美大生などにも人気
編集部

例えば「JR東日本企画=JR東日本専属の広告代理店である」という具合に、特定の企業専属の広告代理店も存在します。

特に業界分析が重要になります。

企業の早期選考・早期内定をとるためにすべきこと4選

続いて、早期内定を獲得するためにやるべき対策を4つ紹介します。

  • 早期内定ができる企業と方法を知る
  • 自己分析して早期内定に備える
  • 情報を集めて早期内定を目指す
  • 優先順位をつけてひたすら行動

早期内定ができる企業と方法を知る

早期内定を出すのはベンチャー企業や中小企業、外資系企業です。

また早期内定の獲得方法は、インターンシップに参加するなど企業側に自分の魅力をアピールすることが効果的。

本記事の内容をしっかり読み込んで、これらの情報をしっかりインプットして下さい。

ポイント

  • 早期内定が出やすい企業=ベンチャー・中小・外資系
  • 企業側に自分をアピールし「来て欲しい」と思わせることが重要
  • こういった内容をしっかりインプットし、全体像を理解しよう
編集部
早い段階から対策するほど、ライバルたちに差を付けられます。

情報のインプットが最優先

自己分析をして早期内定に備える

次は選考を突破するための努力が必要で、最優先は自己分析です。

重要なのは「企業理念や業務内容に対し、自分の強みや長所がどう活きるのか」を、過去のエピソードを絡めつつ明確に述べること。

企業側に「この学生を採用しなければ損をする!」と思わせれば理想的です。

ポイント

  • 自己分析は、選考突破力の土台
  • 単純に自分の強みや長所を見つけただけでは役に立たない
  • 企業において、その強みや長所がどう活きるのかを伝えられるようになろう
編集部
自己分析を一度だけ行っただけで満足せず、就活が終わるまでブラッシュアップしましょう

とはいえ就活は自己分析以外に、企業分析や面接対策、ES対策など全てを満遍なくやらないと理想の企業への内定は困難です。

そこで頼りたいのが就活のプロへの相談ができるAbuild就活です。

Abuild就活は就活に必要な全ての対策を網羅し、外資系企業・国内有名企業などの内定者を多数輩出

就活のお悩み相談も受付中なので難関企業志望の方は無料カウンセリングだけでも受けてみましょう!

\ 無料カウンセリング実施中 /

Abuild就活を詳しく見る

情報を集めて早期内定を目指す

3つ目の対策は「とにかく情報を集める」ということです。

特に集めるべき情報は以下の3つ。

集めるべき情報

  • 興味のある業界・企業の情報
    →選考情報だけでなく、業界・企業自体の情報を集め「なぜその業界・企業を目指すのか」を明確にする
  • 早期内定に繋がるイベントの開催情報
    →内定直結型インターンシップや合同説明会の開催情報を把握する
  • 活用すべき就活サービスの情報
    →逆求人サイトや就活ナビサイト、就活塾など就活が有利になるサービスを探す

ネットで調べるだけでなく就活仲間との協力、OB訪問なども有効な手段です。

ポイント

  • 早期内定に繋がる情報を収集することも大切
  • 知らなかったということが無いよう、徹底的に収集しよう
  • 就活仲間がいる場合は協力して情報交換しよう
編集部
一度収集した情報は、忘れないよう整理しましょう。

就活手帳などを1冊購入してひとまとめにするのがおすすめ

優先順位をつけ、ひたすら行動

ただ情報を集めるのではなく、自己分析で方向性を定め、有益な情報を集めつつ行動しましょう。

その際のポイントは、以下の2つ。

  • 使えるものは遠慮せずにフル活用する
  • 優先順位を決めて、1つ1つ確実に行動に移していく

ポイント

  • やるべきことを理解したら、あとは行動するのみ
  • 就活は行動すればするほど内定に近づく
  • 優先順位を決め、使えるものはフル活用して行動しよう
編集部

近年では「実際に通過したESや、実際の面接で聞かれた質問を閲覧できるサービス」も登場しています。

こういったサービスもフル活用していくのがおすすめです。

早期内定が出て保留・辞退する時の注意点

いつまでも待ってくれるわけではない

早期内定で保留した場合は、企業側がいつまでも待ってくれるわけではありません。

一般的には1ヶ月ほどの保留期限がありますが、場合によっては1週間程度しかない場合もあります。

ですが他の選考が残っている場合に決めきれないという場合は、他社の結果が出るまで待って欲しいと伝えなければなりません。

辞退した場合は本選考は落とされやすい

早期選考に落ちた場合、または内定が出たのに辞退した場合は本選考に落とされる場合が多いです。

早期内定という大きなメリットがある反面、失敗・辞退するともう諦めるくらいの気持ちで受けましょう。

本気で早期内定を狙うなら就活塾に頼るのがおすすめ

就活くん

外資系企業やベンチャー企業の早期内定を勝ち取りたい!

憧れの企業は競争率激しいけど、どうしても受かりたい!

こうお考えなら就活のプロである就活塾のAbuild就活に頼ってみるのがおすすめです。

おすすめの理由

  • 外資系企業や国内大手企業の内定実績が豊富
  • 面接・ES添削が受け放題
  • マンツーマン指導で社会人で即戦力になれるように指導してもらえる

Abuild就活は以下のような内定実績をもっており、特に外資系企業の就活には強いです。

出典:Abuild就活

さらに外資系企業の選考特有のフェルミ推定やケース面説に特化した対策も行っているので、他の優秀な就活生を一歩リードできますよ!

無料カウンセリングでは外資系企業やベンチャー企業でどういった対策を取ればいいのか教えてもらえるので、気になる方は参加してみてくださいね。

\ 90分で就活の悩みを解決 /

無料相談に申し込む

※強引な勧誘は一切なし
※無料相談の枠には限りあり

こちらもCHECK

【体験談】Abuild就活の評判口コミはすごい?料金や内定実績を徹底レビュー!

続きを見る

Abuild就活の公式LINEであなたのお悩み解決します

就活でお悩みの方は是非、Abuild就活の公式LINEを友だち追加してみてください。

公式LINEでもらえる特典

就活に関するお得な情報配信

就活力を測れる就活力診断テスト

就活の現状を相談できる無料カウンセリング

就活虎の巻〜面接の秘策 五箇条〜

無料相談会はオンライン、対面(新宿)どちらでも参加でき、以下のプレゼントも用意中。

無料相談回の参加特典

就活虎の巻〜面接の秘策 五箇条〜 (参加者全員)
オーダーメイドスーツ 割引券 (新宿校舎限定)
   

面接官から「今すぐうちの会社に来てほしい!」と唸らせる人材になる方法が全て分かります。

\あなたの就活のお悩みを一挙解決/

公式LINEを友達追加する

※強引な勧誘は一切なし ※無料相談の枠には限りあり

-就活攻略