インターン

【24卒】インターンシップは早めの準備7選で選考を切り抜けろ!【8/15更新】

大学生は就活に向けて、さまざまな準備を進める必要があります。その中でも、サマーインターンはより実践的に企業を知る機会として効果的です。

しかし、サマーインターンについて知っておかないと、希望する大手企業のインターンに行けなかったり、自分が参加できるタイミングを逃してしまったりします。

就活の準備を進めながらサマーインターンについての学習必要です。

この記事では、サマーインターンについて解説します。

そもそもサマーインターンとは?

サマーインターン

サマーインターンとは名前の通り、夏休みを利用したインターンシップです。主に7~9月頃に開催されて、短期間のインターンが多いです。

サマーインターンが行われる理由としては、まず就職活動が本格的に始まる秋直前に行われます。

就活直前でのインターンであるため、直接就活に関与することが少なくありません。そのため、就活を控えた3年生向けに開催している企業が多いです。

また、学生自身も夏休みでまとまった時間を確保できます。そのため、集中して就業体験ができ、有意義な時間を過ごせます。

企業としてもスケジュール管理における学生への対応が少ないため、手間がかからないのがメリットです。

インターン参加前に知っておくべき準備を7つ紹介!

納得画像

ここからはインターン参加前に知っておくべきこととして、

  • サマーインターンの締め切りはいつ?
  • サマーインターンって3年生(24卒)しか受け付けていないの?
  • サマーインターン選考の早期化が進んでいる!
  • インターンシップの増加
  • サマーインターン参加のメリットは?
  • サマーインターン参加のデメリットは?
  • 短期インターンシップと長期インターンシップの違いとは?

の順に解説します。

サマーインターンの締め切りはいつ?

サマーインターンは8月がピークで、申し込みは6~7月が多いです。

リクナビが実施したアンケートによると、企業が実施するインターンシップへの参加のピークは8月で46.8%の学生が参加します。

インターンシップの申し込みを受け付ける時期は企業によってさまざまです。

リクナビのアンケートによると、申し込み時期は下記の順に多いです。

  • 7月:29.4%
  • 12月:28.0%
  • 1月:27.1%
  • 6月:27.0%

そのため、サマーインターンに参加したい学生は6月からインターンの準備を進めておくべきです。

  • サマーインターンは8月ピーク
  • インターンへの申し込みは7月がもっとも多い
  • 夏からインターンについて興味を持っている学生が多い
編集部
夏の早い時期から就活を意識してインターンシップに参加する学生が多いです

サマーインターンって3年生(23卒)しか受け付けていないの?

サマーインターンは1年生や2年生も参加可能です。そのため、早い段階から就活に備えて準備を進めることができます。

1年生や2年生でも参加できるインターンには下記のようなものがあります。

  • Webメディアの運営を学ぶインターン
  • 0から企業を学ぶインターン
  • アポどりから契約までを学ぶインターン
  • AIチャットボットシステムを販売するインターン
  • カジュアルゲーム開発にチャレンジするインターン

幅広い分野でサマーインターンを募集しているため、早い段階から企業での実践的な経験を積むことができます。

自分が希望している職種があるのであれば、早い段階でインターンに参加してみてはいかがでしょうか。

  • サマーインターンは1,2年生でも参加可能
  • 年齢に関係なく、様々な業務のインターンを体験できる
  • 1,2年生のうちから就職を意識したインターンシップが体験できる
編集部
どんな年齢でも就活を意識したインターンシップに参加できるので、周りの学生と差をつけることができる

サマーインターン選考の早期化が進んでいる!

サマーインターンの選考は徐々に早い時期に行われています。

就活ルールが変更されて、就活自体の選考が早くなってきていることが理由です。

2018年10月に経団連は、従来の就活ルールを廃止して情報解禁や選考開始のルールをなくす発表をしました。

企業はより早い時期から選考を始めることができるため、24卒の学生は就活の準備を早い段階から進める必要があります。

そのため、早い時期のインターンシップに参加することが就活成功のカギです。

  • サマーインターンの選考は早まっている
  • 就活のルール変更によって、企業はより早い選考が求められる
  • 学生もより早い就活への準備が必要
編集部
企業も学生も従来よりも早い就活の準備が必要となっています

インターンシップの増加

インターンシップに参加する学生と開催する企業は年々増加しています。

マイナビが調査したアンケートによると、インターンシップに参加する学生と開催する企業の推移は下記の通りです。

インターンシップ参加率 平均参加者数

14年卒

32% 1.7社

15年卒

33% 1.6社
16年卒 58%

2.6社

17年卒

62%

2.7社

18年卒 65%

2.9社

19年卒 79%

4.0社

8割近い学生がインターンに参加しており、就活を進める上でインターンに参加することは当然の対策になりつつあります。

  • インターンを開催する企業と参加する学生は増えている
  • インターンシップに参加することが当たり前になりつつある
  • 様々な業種のインターンに参加できる可能性が高くなっている
編集部
インターンシップに参加することが就活対策にとって当たり前になりつつあります

サマーインターン参加のメリットは?

インターンシップのメリットは、下記の通りです。

  • 実際の仕事現場が分かり、就活の下見になる
  • 給料をもらいながら社会体験ができる
  • 業界に対する自己適性がわかる
  • 現場を体験することで、自己分析が進む
  • 就活を一緒に頑張る仲間ができる

サマーインターンに参加するメリットは非常に多く、就活を有利に進められます。

より就活で周りの学生と差をつける意味でもサマーインターンはおすすめです。

  • サマーインターンの参加で自分の実力がわかる
  • 給料をもらいながら社会学習ができる
  • 業界を下見しておくことで、自分が就職したい企業に目星がつけられる
編集部
サマーインターンに参加することで、早い段階で自分が適している業界などがわかります

サマーインターン参加のデメリットは?

サマーインターン参加のデメリットは下記の2つです。

  • インターンに参加したからと言って内定が確実ではない
  • お金がもらえるからと言って、むやみに参加しても意味がない

インターンシップは一時的に大手企業の活動に参加でき、就活を有利に進められます。

しかし、内定が確定するわけではありません。あくまで参加した学生を企業が獲得候補にするだけであり、確実にとる保証はないです。

また、自分が希望する企業にインターンシップに行けなければ、就活に有効とは言えません。インターンに参加する前に、自分がなぜ考えている企業でインターンをするのかをよく考えましょう。

  • サマーインターンで内定が確定するわけではない
  • 自分が希望する業界でなければ効果的ではない
  • 確実生がないため、アピールするための準備が必要
編集部
インターンに参加したとしても、内定が確約されるわけではないので油断は禁物

短期インターンシップと長期インターンシップの違いとは?

短期インターンシップと長期インターンシップの違いは名前からもわかる通り、期間です。

短期インターンは就職活動を実施している学生を対象とした1週間前後のインターンです。

学生同士によるグループワークを中心にしており、学生を育成より実力を見定める機会を設けています。

大手企業の説明会や職場見学、職業体験などの機会を設けている企業もあるため、時間をかけずに企業について知りたい学生におすすめです。

長期インターンシップは学生なら誰でも参加可能で、期間は1ヶ月以上と長期間です。実際に企業で働いている社員さんと仕事をするため、実務に関わることができます。

例えば、開発職のインターンに参加した場合、開発を担当する社員さんのサポートをしたり、実際に開発を担当したりします。

企業によっては、社員と同じくらいの給与を支払ってくれる場合があるため、アルバイトをせずにインターンシップに集中可能です。

  • 短期インターンシップは1週間前後のインターン
  • 長期インターンシップは1ヶ月以上の期間をかけて社会経験を積める
  • 実際に業務に関わることもあるため、実践的な経験が積める
編集部
短期も長期もメリットがあるため、自分の環境に合わせて参加しましょう

インターンシップの選考について!

選考

ここからは、インターンシップにおける選考について

  • 企業にとってのインターンシップの目的とは?
  • インターンシップの選考に学歴フィルターはある?
  • 自分と企業がどう結びついているのかを明確に話せるようにしよう
  • 選考のないインターンシップもあります!
  • 全日程オンラインでのインターンもあります!
  • インターンシップでよりも本質的な就活対策をしたい人は就活塾を使ってみよう!

の順に解説します。

企業にとってのインターンシップの目的とは?

企業にとってインターンシップは、良い人材にできるだけ早く出会うためにインターンシップを開催しています。

就活の選考開始を6月からにするルールは未だに維持されています。

そのため、現段階において企業は短い期間で選考を進めなければいけません。

タイトなスケジュールの中で優秀な人材を見つけるためには、インターンシップの段階で優秀な人材を見つけておく必要があります。

そのため、インターンシップでより優秀な人材を見つけるための対策を講じる企業も少なくありません。

  • 企業はできるだけ優秀な人材を求めている
  • 就活ルールの変更によって、企業はタイトなスケジュールで優秀な人材を見つけなければいけない
  • インターンシップの段階で優秀な人材に目星をつける必要がある
編集部
企業側もインターンシップで学生の獲得に目星をつけているので、学生は念入りな準備が必要です

インターンシップの選考に学歴フィルターはある?

インターンシップの選考に学歴フィルターはあります。

上記でも解説した通り、短い期間で優秀な人材を見つけたい理由からインターンシップを実施しています。

そのため、企業側でも優秀な人材を見つけるために、学歴で参加者を絞る対策が必要です。

参加者の学歴がない人でも1Dayインターンシップには参加しやすいため、企業との接点を積極的に持ちましょう。

  • インターンシップの選考に学歴フィルタはある
  • 短期間で優秀な人材を見つけたい企業にとっては、学歴も重要な選考要素
  • 学歴がなくても1Dayインターンシップには参加しやすい
編集部
学歴フィルタはあるものの、学歴がない学生でもインターンには参加できます

自分と企業がどう結びついているのかを明確に話せるようにしよう

インターンシップに参加する際は、自分と企業がどのように結びついているのかを話せるようにしましょう。

インターンシップにおいて、自分が希望する業界のインターンに行けるかが重要です。自分がどんな企業で働きたいかを明確にするためにも、まず自己分析を進める必要があります。

自己分析を進めた上で自分とインターン先の企業がどのような関連性を持っているのかを説明できるだけでも社員からの評価が良いです。

焦ってインターンシップに参加しようとして闇雲に応募するより、自分が絞った希望する企業に応募しましょう。

  • 自分がなぜその企業でインターンをしようと思ったのかが重要
  • インターン前に自己分析を済ませて、希望する業界を考えておく
  • インターン先を闇雲に応募するのはNG
編集部
インターンシップ先も自己分析によって方向性を決めた上で検討しましょう

選考のないインターンシップもあります!

インターンの中には選考がないインターンシップがあります。選考なしのインターンはエントリーシートの提出や面接がなく、申し込みをするだけで参加できます。

選考があるインターンシップよりも簡単に参加できますが、プログラムが充実しているものが多いです。

学歴がない学生やインターンシップに一度も参加していない学生は、選考のないインターンに参加して企業に関わる経験を持っておきましょう。

  • 選考のないインターンシップ先がある
  • 申し込みだけで参加できるインターンシップがあるため、お試しで参加できる
  • プログラムが充実しているものも多いため、インターンに興味がある方はここから参加するのがおすすめ
編集部
インターンに参加していない学生は、選考なしのインターンには参加しておきましょう

全日程オンラインでのインターンもあります!

新型コロナウイルスの影響を受けて、全日程オンラインで進めるインターンが増えています。

オンラインでのインターンは講義や社員との交流をはかります。

通常のインターンシップのように学生と社員でコミュニケーションをとりながら進めていくことは変わりません。

オンライン開催にインターンでは以下のようなメリットがあります。

  • 時間の制約が少なくなった
  • 地方からでも参加しやすくなった

学生が気軽に参加できるようになったため、地方に住んでいてインターンシップに興味がある人におすすめです。

  • 全日程オンラインのインターンシップがある
  • 地方に住んでいる学生でもインターンに参加できる
  • オンラインコミュニケーションで企業の雰囲気がわかる
編集部
コロナ禍における企業の在り方や価値観がわかるので、オンラインインターンの参加もおすすめです

インターンシップでよりも本質的な就活対策をしたい人は就活塾を使ってみよう!

インターンシップでより本質的な就活対策をしたい人は、就活塾を合わせて使いましょう。

就活塾では、エントリーシートや集団面接などの実践的な就活対策ができます。

就活塾では業界研究などもしており、インターンシップで訪問する業界でどのようなことが求められるのかもわかります。

よりインターンシップで自分をアピールしたり、知識を吸収したりするために就活塾は効果的です。

インターンシップの期間をより良いものにするために、就活塾を活用して業界研究を進めておきましょう。

  • 就活塾では、就活に向けた効果的な対策ができる
  • インターンシップで訪問する業界の研究も就活塾で可能
  • 就活塾に通うことでインターンシップをより良いものにする
編集部
就活塾を活用することで、インターンシップも就職活動もより良いものにできます

まとめ

女性が喜んでいる画像

今回はサマーインターンについて解説しました。サマーインターンは名前の通りで、学生の夏休み時期に開催されるインターンシップです。

インターンシップを経験することで、社会に出て大手企業で働くことを実体験でき、明確な将来像がイメージできます。

また、自分が希望している企業や業界がどのような仕事をしているのか、自分に適しているのかなどが判断できます。

昨今では、オンラインでのインターンシップを開催する企業も多いです。地方の学生でも希望する業界でのインターンシップを経験できる可能性が増えています。

より良い就活を進めるためにも、効果的なサマーインターンシップに参加しましょう。

すでにサマーインターンに参加しており、なかなか受かることができていない方はこちらの記事もご覧ください。

関連記事:サマーインターンに落ちる原因と4つの対策を解説

Abuild就活の公式LINEであなたのお悩み解決します

就活でお悩みの方は是非、Abuild就活の公式LINEを友だち追加してみてください。

公式LINEでもらえる特典

就活に関するお得な情報配信

就活力を測れる就活力診断テスト

就活の現状を相談できる無料カウンセリング

就活虎の巻〜面接の秘策 五箇条〜

無料相談会はオンライン、対面(新宿)どちらでも参加でき、以下のプレゼントも用意中。

無料相談回の参加特典

就活虎の巻〜面接の秘策 五箇条〜 (参加者全員)
オーダーメイドスーツ 割引券 (新宿校舎限定)
   

面接官から「今すぐうちの会社に来てほしい!」と唸らせる人材になる方法が全て分かります。

\あなたの就活のお悩みを一挙解決/

公式LINEを友達追加する

※強引な勧誘は一切なし ※無料相談の枠には限りあり

-インターン